好きなのは尹子維!

tyrano.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

龍虎門ついに日本企業が買ったぞー!!!

この頃頻繁にお邪魔している電影宣伝自由人さんのコメントに、ちょろっと書いてありました。

これで、日本でドニー師匠(甄子丹)とニコラス(謝霆鋒)のアクションが見れる。
嬉しすぎます。「SPL」を映画館で見れなかった私としては、二の舞?という事も大いにありうるので手放しでは喜べないのですが、来るに越したことはないっちゅうことで。

さてさて、あとは谷垣さんのマスターオブサンダーも待ち状態だし、いい年になりそうですね。
[PR]
by tyrano | 2006-05-31 16:56 | 亜細亜映画

久々の水泳ネタ

とはいえ、そろそろ満3年を過ぎ脱皮の時期なのだろうかと思い悩むにも飽き、とにかく身体を動かして痩せるもしくは健康になるためと続けているだけなので、新ネタははっきり言って「ない!」
まあ、腰痛と上手に付き合えるようになったので、ここのところは歩くのも辛いことが少なくなってきたおかげで水泳もハードに泳げるようになった。
でもね、ブレストはまだだめさあね。思いっきり泳げなくて悲しい。どんどん下手になってって進まなくなる。
だって腰のためにブレは避けてるから。バタフライはあまり腰に来ないのだけど、ブレはどうしても背筋腹筋を過剰に使う癖が治らず、朝起きるのが辛いほど痛くなってしまう。
まあそんなこといったって、筋肉つけないと腰痛は軽くならないのだから、上手に筋肉をつける方法が知りたいものだ。本当に上手に無理せずにね。
そもそも、昨年ひどい腰痛で毎日のように鎮痛剤を打ちに行ったきっかけは、調子こいてやったハード腹筋100回だったのだよ。馬鹿だよね。まったく。
座っても寝ても立っても痛いなんて、あの頃は不幸のどん底でしたね。
おかげで何キロ体重が増えたことやら。
まあ、今は歩くのにも違和感がない程度に復活したのでこのまま順調に筋肉つけようなあと、怠けもんの自分に言い聞かせてます。
ひどい腰痛を経験して、ひとつ悟ったことがある。
「痛いと腹をたてるともっと痛くなる。痛くなくても怒りが腰に痛みをもたらす」
なんかの有名な本にもなってるみたいだけど(未読です)その概要を読んだ時に、あ、そうだね、と思っちゃいました。それ以来、本当の痛みなのかヒステリーの痛みなのか自分に聞くようになりました。
あ、腰痛が主な話に・・・。

そうそう、おニューの競泳水着買ったらやっぱり調子いいやあ(#^.^#)
今までアクアビクス用のワンピース着てたんだけど、久々に競泳に戻ったら水中姿勢が楽。
でも、消耗品だから競泳用はあっという間にそじる(駄目になる)
これは一体何ヶ月もつでしょう?もう一着買っておこうかな?(旦那出張中につきチェックがない)
水着ひとつで楽しさ倍増だもん。いいよね。
[PR]
by tyrano | 2006-05-31 09:05 | 水泳

やばいものに憑かれてる?

オカルト嫌いな人は見ないで

常々やばい人だと思われるのはこれ以上避けたいと思い、オカルト好きは隠していたんですが、今ここに来てカミングアウト!
なぜかというと、2chのオカ板をさまよっているうちに、ある程度簡単にオカルト動画を見る方法を知ったから(だからと言って、第三者に私が保障するわけではありません。アクティブサイト自体はウィルスの伝搬性を持っています。自己責任で。あしからず)興味のある人にお知らせしたくなっちゃったのです。
今までTVで見たあのシーンこのシーンがキャプチャされて登録されています(著作権は???)
なんか、とても一人でキャーキャーと見ているよりも、やっぱり誰か興味ある人いないかな?ってのりで書いてマース。

沢山登録されてて大変興味深く見てたんですが、やっぱり中には「これは見ないほうがいいかも」とか、キシャーンとスイッチが入るものがあって、そういうもんはブチっと止めちゃいました。こういった第六感は信じておくに越したことはないというポリシーなので。
で、やっぱり気をつけなくちゃいけないのは、こういうことに首突っ込んでるとチャンネルが合ってリアルに自分が登場人物になっちゃう可能性が出てくるみたいなので、意識的に自分の次元を固定?するように意識付けること。っていうと大げさだけど、私的には現実のことに大童でそんなことを感じてる暇もないので、今はオケ!って状態にしてます。
[PR]
by tyrano | 2006-05-25 09:49 | 色々

尹子維、お誕生日おめでとう

ということで、今日は尹子維の誕生日でございます。
31歳ですね、テレンス。
まだまだ、若いんだなあ。
お恥ずかしながら、どこでとっちらかったのか、尹子維の誕生日を6月と勘違いしておりまして(しし座と思っていたのね、ほんとはおうし座)イメージがしし座の方が近かったと言うか、そのせいかな?うちの父親と一日違いなのね。でも、性格全然違うけど。


HKファンはオフ会をやるらしいですね。
彦も香港に帰ってきてBIRTHDAY PARTYをやったと言ってました。
私にできることといえば、やはり、こうやってブログでお祝いするくらいですね。

ということで、再度

Dear Terence

生日快樂
期待著今後厲害的活躍。
[PR]
by tyrano | 2006-05-19 09:37 | 尹子維

眼鏡の罠

あちこちぼろぼろで、びんぼ臭くなった私の眼鏡。
いつ壊れてもおかしくないし、みったくない、めくさい、標準語でみっともない。
ということで、新しい眼鏡を作りました!!!

フレームは無難な感じ、レンズはダークレッドのグラデーション。
かけた途端、ぱあってぱあってあたりが明るくなりました。
すんごいクリアな視界。
今までの傷だらけで、なんか保護膜もはがれかけたのとは天と地の差。
よかった、よかったと思ったのもつかの間、うぐうう、頭痛があ。
始めは、GWの疲れか?仕事で細かいことをしているせいか?
と思っていたんだけど、ある時目が凄く疲れていることに気づいた。
もしや、もしや、見えすぎ?
とりあえず前の眼鏡をかけて様子をみると、頭痛が楽に。

ええええ、折角新しい眼鏡作ったのに、かけると頭痛がするって何よ。
一体どうしたらいいわけ?
度数だって前のと同じなんだから、違うのは細かい傷があって視界がちょっと-ばかしくもってるか否かと、前は茶系のレンズをダークレッドのグラデーションにしただけなんだけど。

困った困った、さてどうしましょう?
[PR]
by tyrano | 2006-05-14 13:06 | 色々

ながーいプール休暇明け

私の通っているスイミングは、5月の連休を中に入れてものすごーく長い休みに入ります。
今回は、4/29~5/10まで。
大抵週に4回ほど泳いでいる私は、この休みで大体7・8回ほどのエクセサイズを休んだことに。その間は、小旅行に行った以外はこれと言って何をしたわけでもないので、本当に運動不足。筋肉を使わない、伸ばさない、暖めない、そんな日々を送っていたら最後の方ではひどい頭痛に悩まされました。便秘にはなるし、ご飯食べても満足感はないし、熟睡しないし、本当に辛い日々になってしまいました(これって変なのかな?)
もう、頭痛と首の凝りがなんともしょうがなくなって、マッサージに行ったら体中凝ってますねーと、足から背中から押されると痛い所だらけで、こんなとこまで凝ってたの?と本人がびっくり。でもマッサージしてもらったおかげで頭痛は半減しました。つくづく行ってよかった。

しかし女性の身体って筋肉は付きづらくて落ちやすいですね。やんなっちゃいますよ。せっかくしまってきたかと思った腹部、あっというまにぷくぷくに。プールで友達から摑まれて、「なにするだよー」と叫んだら「ぷくぷくで気持ちいんだもん」「・・・(泣)」
はあ、また頑張って泳ぎます。でも、今度は年末長期休業で肉がつくんですね。
[PR]
by tyrano | 2006-05-12 10:14 | 水泳

ゴールデンハーベストはどうなっている?

もにかるさんのところで記事になっていた、ゴールデンハーベストのお話。
その後どうなったのかな?気になりますね。

先先週、旦那が出張だったんで溜まっていたDVDを観たんですが、内容をとんと覚えてない。
なんとなく、観たぞーっていう満足感で過ぎてしまいました。

そうそう、ひとつ学んだことが。
「復讐者に憐れみを」
を観ようとしたんだけど、辛くて辛くて、しょうがないから他の映画が終わってから計3回くらいに分けて観ました。先が想像できる辛さとか怖さとかに弱い私。
実際見ちゃうとどーってことないんだけど。

これが引き金になったのか、Gyaoでリング全4部作一挙放映中を全作観ました。で、それも細切れー!!!ぷぷぷ
にしても、リングって怖いだけじゃなかったんだって(原作読んだのに忘れてる)
結構感心しちゃいましたよ。もう一回小説読み直したいと思ったくらいです。

今日は、ねっと書き込みデイということで、あちこちに書き込んできたわ。

皆さんも、別に上記の話題じゃなくてもいいのでコメント書いてくださいね。
(なんか静かですよね、この頃と思うのは私だけ?)
[PR]
by tyrano | 2006-05-10 10:29 | 亜細亜映画

DEATH NOTE 一気読み

DEATH NOTE 映画公式サイト
JUMP DEATH NOTE 公式サイト

たまたま古本屋さんで9巻まで揃っていたので大人買いの一気読みしてしまいました。
で、今日本屋で10巻を購入し最新刊まで読破!
えー、賢いやつらが人の心の裏の裏を読んで行く、心理戦が延々つづくみたいな内容ですがこれはこれで面白いですね。
はじめに出てきた死神とか、結構中盤では面白い役目を担ってたりして、で、あああ、そうねこういう伏線で来たらやっぱりこうなるよね。と、シャープな着眼点に喝采!

ほんと、あちこちで話題になっていた当初はあんまり気が乗らなかったんだけど、藤原竜也びいきの私目に、映画の主演は彼よーなんて来たもんだから思わず食指が伸びてしまいました。配役的には厳しい意見が多いのは納得だけど、まあ、出来上がりを楽しみにしていますわ。ふふ。
[PR]
by tyrano | 2006-05-01 22:30 | 色々