好きなのは尹子維!

tyrano.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

武侠が日本に浸透するか?

金庸、中国の有名武侠作家の原作ドラマが、どんどん日本に入ってきています。
射雕英雄伝
笑傲江湖
レジェンドオブ フラッシュファイター 書剣恩仇録
天龍八部

また、既に映画で映像化されているものもあって、それと気づかず観ているかもしれません。
例えば
・スウォーズマン 女神伝説の章
・スウォーズマン 女神復活の章
原作は「笑傲江湖」なのですが、まるで似て非なるものです。
・大英雄 1993/香港
・楽園の瑕 1994/香港
原作は「射雕英雄伝」なのですが、これも本歌取りのような感じですね。
・シスター・オブ・ドラゴン 天女武闘伝 
原作は「天龍八部」の外伝らしいです。

現在、原作ではココに挙げているもので「天龍八部」以外は読了しています。
総じて、映画は本歌取りなので原作を知らないからと言って、どうってことない
ですし、かえって楽しめるかもしれません。っていうか。映画観て、原作読んで
また映画観てって、やったのでそういうことが言えるのかも。

原作読む前から、武侠とか古装片という言葉を知る前から好きな分野の映画
だったので、本好き人間としては原作に嵌るのは必須だったようです。

ドラマは今の所、射雕英雄伝が完、笑傲江湖が調度半分くらい観終わった所、
書剣恩仇録も半分位ですが、原作にかなり忠実なのでかえって不自然を感じ
てるかも。

それ以外は、ドラマとしての面白さ、だけを考えると、射雕英雄伝の人情を
語るような話の流れも、長い話をなかなか飽きさせなかったし(ちょっと飽きた)

笑傲江湖は前半の流れと後半の流れのリズムの違いが、口直しに調度いい。
けど、理不尽さが拭えない主人公の扱いを我慢できるか、続きを見るパワーに
還られるかが鍵かもしれない。

書剣恩仇録は、広大なサスペンスアクション風の味付けに爽やかなラブストー
リーをチウ・マンチェク(趙文卓)のこれまた爽やかな魅力とともに、無理やり
送り届けられた感がある。

どちらも、武侠の精神に忠実に生きている主人公が、その精神を貫くために
困難を乗り越えると言うのが根本にあるので、そこら辺の機微をうまく受け付け
るかどうかが面白さアップのコツかもしれないですね。

武侠とは?と言われると返答に困るのでトラバ先の吉梨様に頼ってしまいましょう。

ここのところ、ネット界において武侠系情報を収集していると女性の存在が
多い事にいつの間にかホクソエンデイル私がおります。
結構、金庸様や古龍様の原作から武侠に興味をもたれてるようで、この調子で
どんどん武侠人口が増えていくといいなあと思っています。

また、こんな動機はよこしま(注:GS美神を読め!)だと言われそうですが、
香港明星や中華明星の古装片をもっと日本に輸入して、古装片から武侠に
流れる大河を作りたいとも思うところです。
なにせ私が香港明星迷なので、こういうことになったら、ものすごく嬉しい!
でも、こういうよこしまな(しつこく 注:GS美神を読め!)動機が一番行動に
直結される、と、経験者は語る。
[PR]
by tyrano | 2005-05-30 16:30 | 亜細亜映画

レジェンド オブ フラッシュファイター 書剣恩仇録

レジェンド オブ フラッシュファイター 書剣恩仇録
DISK1~4まで観ました。
で、一回書いたけど消しちまっただ(泣)

とりあえず、文泰来・駱冰夫婦の愛の確認作業がうざいという
そんな感想を書きたかったと思う。
カップルが出来るんだけど、それについてあーだこーだと
言ったんだけど、もういいや。
後で気が向いたら書こう。ごめんなさい。

あ、そうそう、主演の趙文卓(チウ・マンチェク)のカンフーアクションは甄子丹(ドニー・イェン)の次の
李連杰(リー・リンチェイ)の次に好きです。

では
[PR]
by tyrano | 2005-05-21 23:34 | 亜細亜映画

誕生日おめでとう!尹子維

尹子維(テレンス・イン) 30歳のお誕生日、おめでとう!

男の30歳、まだまだこれから色んな道が開けてくるんだろうなあ。
うらやましい限りだわ。
結構、年齢不詳気味だからもう少し歳いってるかと思ってたけど
30歳ジャストだなんて、若いんだなあ。

今年は結局忙しくて何もプレゼント送れなくて、へこんでます。
誰も待ってやあしないんだろうけど。

これからも色々な活躍を楽しみにしています。

ではでは



30歲的生日,恭喜恭喜!

男人的30歲,還從現在起各種各樣的道開啊吧。
令人羨慕極了的。
相當,想年齡不詳再稍微歲說著,不過
是30歲整之類,年輕啊。

今年結果忙完全禮物不能送,凹下著。
誰都呀不感到待,不過吧。

期待著從現在起也種種的活躍。

那麼,再見。
[PR]
by tyrano | 2005-05-19 08:36 | 尹子維

おいしいもの

私がおいしいと思うもののお話。

一番とか二番とか、あんまり美味しい物に順番を付けるのはナンセンスだと思う。
だって、その時の体調や気温とかで、全然食べて美味しい物って変わってくるから。
まあ、サイクル的に多いもの今回はあげてみますか。

ナンとカレーとチャイ
今とりあえず今食べたい。山形市七日町 蜂谷ビル2Fにあるインディアンパラダ
イスのが絶品。
ここの料理は、確か大手飲食チェーンから独立したパキスタン出身のおっちゃんが
作ってます。日本の小麦臭いカレーとは、まるで別物。そして、ナン!ナン!
焼きたてのナン!!!
こおばしくむちむちしてて、これだけ食べてもOK。
ただ、今まで食べた中でのピカイチナンは、このおっちゃんが独立する前に勤めて
いたインドカレー屋のナン専門に焼いてたじーちゃんのナンだった。
おっちゃんが独立する前に仙台に行っちゃって、その後はピカイチナンには
お目にかかれないで居ます。
チャイは日本製の紅茶を使ってるようにしか見えないけど、やっぱりチャイはチャイ。
自分で作ったのとはまるで違う。。。こんなもんも作れんのか?わし。

サムギョプサル!(豚の焼肉)
多分今では大体の人が知ってると思うけど、脂が乗ってて少し歯ごたえのあるお肉。
これをこんがり焼いて、上質なごま油とレモン汁塩で頂くの好き!
豚の脂身だけは食べられないけど、サムギョプサルは大トロって感じ?
ちと違うかなあ?これは同じところで食べても、あたりはずれがあるから難しい。

カルビとコチジャンとナムル
春香苑という焼肉屋で、よく友達とランチをする。頼むのはカルビセット。
前菜にナムル(もやし、ほうれん草のおひたし下味付、キムチ)が出てくる。
他にもサラダやわかめスープ、白飯、飲み物が付いてくる。
まず、ナムルとご飯がそろったところで、ご飯の真ん中を少し窪ませ、ナムルを
のせる。で、おもむろにカルビを焼き始める。ご飯の上のナムルの上に、コチジャンを
どぼっとのせる。箸をにぎり、突き刺すように混ぜる!混ぜる!
肉が焼けすぎないように注意し、付けダレにもコチジャンをぼとっと混ぜる。
付けダレに肉を絡ませ、一口大に切れる時は切ってご飯にのせる。
わかめスープがきてるかな?きてるとするとスプーンが付いてるので、スプーンで
少しスープをご飯にかけ混ぜる!みんな混ぜる!で、何も気にせず、スプーンで
がつがつ食べる!肉を焼いて付けてのせて混ぜて食べる!
こんな食べ方してるのは、やっぱり私と旦那だけです。
旦那は「韓国ではみんなこうして食ってるからいいんだ!」と言ってます。
私はうまけりゃいいんです。はい。恥ずかしくなければお奨めです。

ボートン ランチ
欧風家庭料理の店ボートンです。
夫婦でやっている小さいお店。
ランチも魚かお肉のどちらかを選ぶだけです。
ポタージュスープが出ます。コクがあって寒い日だと心まで温まります。
一滴も残さず掬おうと必死になります。優しくて安心する味です。
ビシソワーズも絶品です。なべを抱えて飲みたいです。
お願いです、お持ち帰りさせてくださいと言った事もありますが、
ここで食べるのにちょうど良い調理をしているので、お持ち帰りはと
言われました。
サラダはまあ、普通。
メインディッシュ魚:大体ポワレして自慢のソースでフィニッシュって感じです。
  一緒に焼いている野菜も無農薬や体に優しいものを使ってるようです。
  毎回同じ味なのだけど飽きません。やっぱりソースが旨い!うまみ凝縮!
  舐めたような皿でお返しいただいて、とてもうれしいです、と言われます(ははは)
メインディッシュ肉:肉の味のする肉を使ってこおばしく焼き上げたりetcです。
  特に鳥が好き!味が鳥自体の味が大好き!結構ソースとか調理方法に
  肉の場合はバリエーションがあって楽しいです。
デザートは総て手作り。ケーキ屋さん風のケーキじゃないけどおいしい!
全体的なバランスが取れているというか、やっぱり私のつぼなのだろうか?
何年通ったかな?これからもよろしくという感じです。
[PR]
by tyrano | 2005-05-14 02:29 | 色々

今日は今日とて

明日は楽しみにしてるランチだぞー。
ちょっと値の張るところに行くから、それなりのかっこうしなくちゃ。
と、2年前に買ったスカートとブラウスを出してみた。

そう、2年前の春長女の小学校初めての授業参観の為の洋服。
でも、これを買った時のサイズが。。。。。
あああ、みっともなや情けなや。
たれか私の体を10年前に戻しておくれ。
よよよ、とばかりに泣き崩れた(嘘)代物だったんだが。
さて、今のうちにちょっと着てみてチェックしとこうって着てみたら。。。。。。。
あいやあ、よーよよよ、はああああああ、ふううううううううううううう。
崖から飛び降りたくなりました、マジで。
件のスカート、パッツンパッツン。
ブラウスも少し余裕のあるデザインで、ああ、大きすぎたかな?
とか思ってたのが、あれ?まあ?なんかしっくりこなれてるわ。

2年前の夏にはこの2アイテムがゆるくなって、ちょっとみっともないかしら?
なんて思ってたのに、「なんじゃあこりゃあ」(松田雄作風)
私仕事忙しいのよー、私腰の調子が悪くてちょっと歩けないしー、
スイミングも慣れちゃって、これくらいが気持ちいいよねとか
いいながら泳いでるし。
もう、だめだめ状態が暫く続きすぎだよね。参った。
今日のTVでリバウンドチェックされてた「青木さやか」が他人に
見えませんでした。
思わずお腹を出して、鏡の前でジャンプしてみました。
人格崩壊しました。
一人だと寂しいいいいいいので、旦那にもさせました。
人格崩壊しました。

少しでもと思い、腹筋ちょっとしてみました。
明日、時間を作って歩けよ、ごるああ(怒)と、自分に怒ってます。
いつまで続くでしょう?
とりあえず、夏には少しまともになっていたい。
[PR]
by tyrano | 2005-05-10 23:09 | 色々

テレンス(尹子維)の誕生日が近いぞー

前々回のブログに書いたとおり、5月19日はテレンスの誕生日。
去年は生まれて初めてのファンレター(英文+日本語)と本物の千代紙で
折った鶴なんぞを組み合わせて、純和風な手紙を送ってみました。
でも、寂しいことに手元に届いたかは確認できません。

c/o JC Group
145 Walterloo Road,
Kowloon, HK

という所へテレンス宛てに送ったのですが。。。
もし、誰か確かな?あて先がわかる方が居たら教えていただきたいです。

さて今年は何を送ろうか、まだ悩んでます。そんな高価ではなく
嵩張らなくてスタイリッシュなものがいいかなあ。
一瞬頭をよぎったのが、MACのマウスを買ってきてテレンスの写真を
自分の写真と合成し印刷して貼る
(あ、気持ち悪がられるか、使えないと勿体無いし)
なーんもいい考えが浮かばない。
こまちゃったなあ。
もうちょっと、一週間がリミットかな?悩んでみます。
ふう(ため息)
[PR]
by tyrano | 2005-05-07 20:41 | 尹子維

華の愛 遊園驚夢

華の愛 遊園驚夢 2001年

主演 王祖賢(ジョイ・ウォン) 宮沢りえ

あ、最初レズビアンの話かと単純に思っていました。
で、ものはそんな恋愛物ではなかった。ちとがっかり。
のっけから耽美でデカダン、美しく無表情で非生産的、
そんな場面から始まっていきました。
こういう雰囲気に弱い私。話の序盤はそんな感じで
過ぎてゆく。ま、こんなもんでしょ。
で、途中から貴族の優雅さは儚くも消えて行き、貴族文化の
残した仇花を愛し慈しんだものの葛藤が描かれる。

だけどさー、だけどさー、これジョイ・ウォンの引退作品ですが、
やっぱり、さすがに歳が感じられる。頬のたるみ、法令線、
ちょっとおなか出てる?あーん、あーん(:_;)
特に途中から呉彦祖(ダニエル・ウー)との絡みがあるので、
歳の差が、若々しくはちきれんばかりの美しい彦祖の肉体との
ギャップで、思わず気になって気になって。
二十歳頃の若かりし映像を、何度も何度も観て酔いしれていた
私にはこの加齢が味わいと感じられなかったのがとても悲しい。
厚みを感じない(下手じゃないんだけど)演技だったと言えば、
それまでだったのかな?

対する宮沢りえちゃん。
あ、やっぱりこの人の顔って良くも悪しくも能面顔なんだ。納得。
表情のない表情の豊かさ。人間味がないが故の情の強さ。
今回は、とにかく綺麗なだけの顔に人間味を載せる事が殆ど
なかったような気がする。面の皮の1cm下は無表情(当たり前か)

阿片で自家中毒を起こしていた頃の中国を、どう書こうとしたんだろう?
貴族の衰退だけを書きたかったんだろうか?
本質的に何を愛していたのかが私にはわからなかった。
(ジョイ・ウォンに気を取られすぎ)

ここで、この作品を見てラッキーって思った事
彦祖くんの濡れ場が観れた事でーす。
GENX COP系の俳優が総じて好みなので嬉しい。
男意外とキスしてるの始めて見たかも、ははは。
[PR]
by tyrano | 2005-05-06 23:22 | 亜細亜映画

妄想、瞑想、激走する尹子維像

是全世界的尹孩子維愛好者的姐姐,哥哥,年輕人者的tyrano。請多關照請求。
と、excite翻訳の力を借りたところで、随分と頭の中で妄想逞しくしている尹子維像に
ついて、勝手に語りたいと思います。

彼の性格について
誕生日が5月19日(やべ!、バースデイカード送らなくちゃ)、牡牛座
こっからは私の妄想瞑想激走
聞き上手で、親しい友人からの相談を親身になって聞き上手なアドバイスを
するけど、自分の事となると分かっていても「石橋叩いて割る」性分なので
なかなか動けない。いざ動いたら「ごめん、俺はもう自分を抑えられない」と
耳元で囁くが、行動は至って紳士的。少し目を細めはにかむ様に微笑みな
がら「うん、そうだね」と、じっとこちらの目を見つめつつ相槌を打つ。
優しさが相手に染みとおるような、いつでも相手を労わる事が行動原理に。

瞑想する私のたとえばこんなシュチェーション
オープンカフェにて
眩しい太陽の日差しから逃れるために、パラソルの陰に座っている尹子維。
私「ごめんね、待ったかな?」
尹「ん、大丈夫。座ったら?」
眩しいのか目を細め少し顎を上げ気味にこちらを見ている。
私「あ、アイスコーヒー飲んでるのね。私も」
すっと、周りを見回し軽くを肘を曲げたまま手を挙げ、ウェイトレスと目線を
合わせふっと微笑み目でオーダーを促す尹子維。
尹「アイスひとつ」
そう言った後、顔の前で骨ばった大き目の手を組み、口の端を少しだけ
 上げて、だまってこっち見つめる尹子維。
 私は小首をかしげ、どしたの?と目で問いかける。
尹「なんでも。」
 言葉少なに答え、アイスコーヒーをグラスから直接飲む。

私の一番の壷が「ふっとはにかんだ様に微笑む尹子維」なので、こういう
シュチエーションが好み。というか、お互いに見詰め合ってれば幸せ。
なーんていう関係がいいよねえ。

ぜーったい、恥ずかしい内容だよなあ、これ。
でも、この頃尹子維関係の書き込みが希薄、かつ、純朴な文学青年的
尹子維画像を見たもので、脳みそバーン(かんぺいちゃんネタ?)

とりあえず、これは私個人の勝手な妄想です。
ですので、苦情は受け付けません。
以外の、自分は「こんな尹子維がすきー」というコメントや、私のボケへの
突っ込みその他なんやかんやは大歓迎です。

ああ、どうせ恥ずかしかったら後で修正できるしね、開き直ります。
[PR]
by tyrano | 2005-05-06 10:37 | 尹子維

笑傲江湖5話~8話

とうとう逝ってしまわれた笑傲江湖の二人。
惜しいなあ、曲洋先生。ああいう枯れたじっちゃま大好きなのに。
精力みなぎるおっちゃま嫌いの私には、曲洋先生、莫大先生の
二人は、とてもとても好みのキャラ。どうして莫大先生と曲洋先生が
兄弟弟子じゃあないんだろう。不思議じゃあ。
(いや、原本的にはちっとも関係ないんだが、この二人。)
字面だけ追った訳本の時には、莫大先生が、こんなキャラだなんて
創造もしなかったというか、気にも留めない人だった。
映像的にはとても特性のあるキャラだったのね。

で、今回、ふふふ、みーつけた。
何でこんなところに、若き日の火野正平がおるのじゃ?と目に付いたのは
そう、誰あろう、結構この話の中ではいい場所に陣取ってるこの人
「六猿」君である。
絶対似てるよーと、思ったのは私だけだろうか?

ところでところで、聖姑様、あんなにアヒルの子を飼ってどうするんでしょう?
一瞬あまりの多さにげげげー、SARSってこの撮りの時はまだなかったんだろうか?
部屋にまであんなに一杯あげちゃってどうすんだろう?といらぬ心配。
で、聖姑様が琴を弾くとみんな踊るとか、寝るとかミラクルを披露してくれるのか?
と期待してたんだけどそれもなく、ただただ踏んづけられるために居た気がする。

5話から8話では、劉正風・曲洋が死に、林平之が弟子入りし、令狐沖が
ブロークンハートに身悶えるそんな中、私ってばまたもやマダーム萌えに
走ってしまいました。
華山派の本拠地(どこだっけ?)に帰り、やっと寧中則(岳不群の妻)のお出ましじゃあ!
それも憧れの「玉女十九剣」を堪能させてもらいました。
やっぱり鉄火肌のきりっとした大美女好きなんねえ。
で、このお姉さまに突如挑んだ令狐沖、あえなく「玉女十九剣」にやられたんだけど
これは田伯光との事を面白おかしく話すための導入部。
令狐沖がシナを作ってなよなよと「玉女十九剣」の真似をするんだけど、
いかんせん「大英雄」のレスリー・チャンの姿を思い出して、ふっと笑いかけた後
悲しくなっちゃいました。熱烈迷だったわけではないんですが。

あ、アニキはさておいて、8話、儀琳たんのお父様(不戒和尚)が出てくる話。
ここでえらい目を引いたのが、儀琳たんのおばさま?
15、6年ぶりに会いにきたお父様にびっくりして逃げ惑う儀琳たん、
それを追っかけるお父様、で、なぜか口おしや腹だたしやで地団太を踏み
自分が座っていた椅子を叩き付けるおばさま。
1撃目に足と座面がばらばらになり、座面を振り上げた2撃目で座面も粉々に。
ものすごい怪力おばさまじゃあ。ふえー、気持ちいい壊れっぷりじゃあ。
そして逃げていった儀琳たん、定逸師太の胸でさめざめと泣いている。
「あれはあなたのお父様ですよ。」と教え諭し、縋り付く儀林たんに同情する
でもなく突き放すでもなく、淡々と背中を抱くその姿、「萌え!」すいません。

この間観た「射雕英雄伝」では、萌える燃えたお姉さまが、梅超風様だけと
あまりにも少なかったので、今回思いっきり逝っております。
ああ、たのしや、おもしろや、早く次を観たいぞよ。
[PR]
by Tyrano | 2005-05-04 15:21 | 亜細亜映画

笑傲江湖 第四話

この回を見たとき、Kizurizm Ver 5.0で紹介されていた『書剣恩仇録』 The Emperor And His Brother 1981年 の、あの場面を思い起こしてしまいました。
(ここで紹介されてタンでDISCASに入荷したとたん借りてしいました。ちなみにマジックブレードも)
同じような堪らない場面ですね。ああ、子供を持つ身には。。。

突っ込みどころも、あまりなく、このやろこのやろと思いながら観ていました。

令狐冲:命をかけた人の願い、なぜもっとすばやく果たそうと思わんのかい。っていうか、大切な琴を背に、そんな大立回りしても大丈夫なんか?

劉正風:鉄胆荘の当主ほどズっぱりいったわけではないので、余計にぐじゃぐじゃといろんな思惑が絡まりすぎてむごいなあ。でも、ちょっと私的には納得いかんぞー。

曲洋:心臓に来ないかー?、関節は大丈夫かー?、腰にはこねがー?こんなよぼよぼの爺さんに、激しいアクションさせるなんて、鬼じゃあ、アクション監督、あんたは鬼じゃあ。

余滄海:この変面見るたびに、ドラマ「風雲」を思い出してしまうのであった。もちろん原作と言えばこっちが古いので、「風雲」が拝借しているのだろうけど。海の名の人物に深海魚のような風貌の俳優を持ってくるなんて、やはり大陸は広かった。

岳不群:あんたはあ、あんたはああああああ。あんたって人はああああああ!!!っていうのを盛り上げるためにも、早く切符のいい奥さん前面に出してくださいよ。

現在、別途、趙文卓主演の「書剣恩仇録」も見ている私。
ごっちゃになりそうです。
[PR]
by tyrano | 2005-05-01 19:42 | 亜細亜映画