好きなのは尹子維!

tyrano.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

笑傲江湖について

笑傲江湖とは

中国の金庸と言う作者が記した武侠小説である。
平たく言えば、素晴らしい(現実にはありえない)武術で、
混乱した時代を正義で貫こうとした人たちの話?
大陸アクションサスペンスミステリー!!!
ワイヤーアクションは武侠小説を映画化するためにあったのだ!
(私の勝手な思い込みですが。。。)

「秘曲 笑傲江湖」原作


で、金庸作品を数々読んでて思うのだが、話が長いが面白い!
だが、登場人物が多いぞー、おまけに二つ名を持つものばかりで、
そういう呼び方に慣れてないと、はじめのうちは誰が誰やらに。
でも、ストーリーの面白さにワクワクして、自然と慣れてくるんですけどね。
訳書を読んだのは多分3年位前かな?ハリーポッターと同じ頃。
ひたすら図書館から借りまくりでした。
だって文庫版はでてないんですもの。
でも、2週間で7冊いけました。(仕事は苦しかったけど)
今は、リーヤーポン主演のドラマを見始めて、前日のような書き込みに
なっているんですね。
原作を知ってても楽しめる、いや、原作を知ってるから整理された頭で
しっかり映像を楽しめるんですね。
前に見た射雕英雄伝もそうだったけど。
あ、そういえばあれのまとめは書いたんだろうか?
なんか続きを書いといたほうがいいのが結構あるきがする。

やばいことを思い出したので、都合悪いから寝ちゃおう。
では。
[PR]
by tyrano | 2005-04-30 01:53 | 亜細亜映画

林平之って誰だかわかる?

ドラマ 笑傲江湖で、よわっちい癖にいいとこどりする、ひょろ男君のことです。
勿論わっきーなのですが。私が一番いけすかないキャラが、ほとんど最初っから
でずっぱりなんで、余計目に付くーと。ま、いいけど。

なんで、こんなしょーもないことを書いてるかというと、
さっきまで、このブログで一生懸命ドラマ 笑傲江湖のことを書いてたんだけど
ちょっとしたキー操作の間違いで消えちゃって、あー、もういいやあ
という状態だからです。

で、ストーリー的には何も触れないで、むかつっきーとかを書いてやろうというわけ。

今んとこ、むかつっきーナンバーワンは儀琳タン。
自分が一緒に居たいからって、好きな人が窮地に陥るのもかまわずに
勝手にそばにひっついてくる、そんな女はでえっきれいじゃああああ。
我侭自己中被害拡大ウェポン女

ちなみに、儀琳タンの上司に当たる定逸師太(拝)
私れっきとしたノーマルだけど、あの激しい気性凛とした正論を通そうとする
姿勢のまっすぐさに、なぜかなぜだか萌えました。
その激しさ、物事すべてに隙間なく正確無比な杓子定規論で判断しちまうぜ、
それが正しき菩薩の教えじゃあああああ!ぜいぜい。
の、ちょっとした隙に見せる下々のことを思う優しさが、すきー(関西弁風に)

どうしても、主人公にはなかなか萌えられる様な、素直な性格じゃないので
今後誰に転んでいくかはナゾーだが、自分でも定逸師太に、うふう(はあと)
となったのが今一番のナゾー(なぞお・語尾を下げて読んでください)である。
[PR]
by tyrano | 2005-04-28 21:20 | 亜細亜映画

扁桃腺に続いて腰痛が。・°°・(>_<)・°°・。

扁桃腺でやられてた頃、娘は吐き風邪で学校を休み親子二人で家にいました。
でも、仕事はぜ-んぜん待ったがきかないので、娘の学習机を占拠し、
それに付属の座面も木の堅い椅子で二日ばかり終日仕事をしていた。
そういえばこの椅子、長く座ってると腰に悪いんだよね。
やばあ、腰痛いなあ、んー辛いぞーとはここんとこ思っていたんだけど、
さすがに今朝から歩くのが辛い。。。座った状態からまっすぐ立った状態に
持って行くまでにかなりの時間がかかる。左足があがらない。
くしゃみをしても腰が痛い。
動けないのはまずいので、とりあえずボルタレン座薬のお世話になって、
歩けなくはないって感じです。

しょうがないので整形へ行って、注射ですね。
動けないのはまずいので、キシロカインを腰に打ってもらって
なんとか痛みを和らげよう。
俗に言う神経ブロック注射です。
打ってもらうと大分楽ですよね、頻繁にしてもらうのは怖いけど。
でも、旦那今日からまた出張で一人で小学生と幼稚園の娘二人との
生活がはじまるので寝て入られないって、こう何度も寝てはいられないって
書いてるが、どんな人だったら寝てられるんだろう?
まあ、世の中そうそう優雅に寝てられる人は居ないだろう。。。
と、自分を慰めるのであった。
[PR]
by tyrano | 2005-04-26 11:05 | 色々

扁桃腺が

久しぶりに扁桃腺なんぞを腫らしてしまいました。
熱は高くないけれど、喉の痛みと頭痛がしんどい。
でも、待ての効かない仕事があって、能率が悪くとも
少しでも進めないと土日がーーーー(泣)

花粉症で口呼吸をしてしまっているので、ここまでしんどい
風邪になってしまったんでしょうね。
水泳をはじめてから、風邪らしい風邪になったことは
しばらくなかったのだけれど、なんか悔しい。
それもこれも、近年にないスギ花粉の多さが悪い!
ああ、早くスギ花粉よなくなれ!

私の為に、事務所も家も換気をせずいるので、
パパや子供たちには、きっといい迷惑だろうけど、
やっぱり予防策はスギ花粉に触れないのが一番。
でも、かばねやみな私は出かける時の防御が甘いんだろうなあ。
車で移動だから、かなり助かってるけど。

シジュウム茶を飲み、甜茶飴を舐め、カモミールの化粧水を
付け、ローションティッシュで鼻をかみ、窓の向こう側の桜を
眺める、そういう季節なのね、とこんなことで季節を感じる近年。
悲しいかな、あまり美しい風景ではないわな。
もう少し優雅な季節の感じ方をしたいもんだ。

しかし、しばらく風邪は引かなくても、腹の弱い私、
ノロにはしっかりなり、一体なんだーこれはーと、うなっておりました。
牡蠣貝は生では食べられませんね、私。とほほ。
[PR]
by tyrano | 2005-04-21 19:38 | 色々

嗤う伊右衛門

原作: 京極夏彦
監督: 蜷川幸雄
出演: 唐沢寿明 民谷伊右衛門(岩の夫)
小雪 民谷岩(伊右衛門の妻)

泣いたのよ、もう、悔しくて悔しくて、いい加減こんな解釈は絶対イヤダ!
これで本当に原作の解釈って間違ってないのか?
確かに大筋では、間違ってないんだけれど、でも、なんか違う。
たとえて言ううなら、小紋に丸帯を〆てしまった感じ。
バックグラウンドの描き方が、背景に漂わせる匂いが違う。
ああ、もう、純愛なのは間違いない。
二人が悲しすぎるほど愛し合っていたのは伝わった。

二人の思い秘める、性格形成に、思いの込め方を察するための
蛇や鼠の印象付けが弱いというか、もっと、陰湿に呪縛ともいえる
その思いの持って行き方を象徴させてくれ。

蛇はただ気持ち悪いだけではないのだ。

鼠はただ穴を開けるためではないのだ。

二人が陥っている情のメビウスに繋がっているのだ。

あああ、悔しい、うらめしい。

純愛になった根底にあるものを現しきっていないではないか。

伊右衛門が「すまぬ」と一言言うたびに、お岩の心には蛇が一匹絡みつく。

二人が愛を確認しあうたびに、鼠が角をかじり幸をこぼしていく。

二人を別つ力が働くたびに、蛇がその隙間を埋めようと蠢くのだ。

二人は己が心から蛇を生み、己が愛を餌にして鼠をおびきよせていく。

そんな二人だからこそ、死んでからしか幸せになれなかったんだ。





ふうう、自分の表現力のなさに呆れるが、昨夜は本当に悔しかった。
でも、まあ、いい映画でしょう。
配役は、やはり私の趣味ではなかったけどね。

あああ、やっと少しはすっきりしましたわ。
[PR]
by tyrano | 2005-04-19 11:41 | 亜細亜映画

龍神 LEGENDARY DRAGON

龍神 LEGENDARY DRAGON

監  督: 高木淳也
キャスト: 高木淳也 尹子維/テレンス・イン

観たーというのかな?深夜まで仕事して、いい加減いやになってたところで、
「お、動いてる尹子維で観てないのがあるからかけちゃえー」
と言ったノリで、ワイン飲みながら疲れ果てた頭で途中半分以上かな、観ました。

あ、やっぱりテレちゃんてば上手じゃない(身びいき?)
はじめの違法入国で怯えきった状態から、あんなダイジェスト的な話の流れで
中国マフィアのいっぱしの凄みを身にまとうところまで、違和感なく観れた。
前に観たホラー映画での怯えてるテレちゃんより、全然真に迫った演技に感じたわ。
ん、ん。大好きだからしょうがないが、テレちゃんの表情を追っかけてるだけで、
十分見ごたえのある、逆を言えばそれ以外は。。。、な作品でした。
高木さん扮する主人公の敵対役として、サブメインのような形でずーっと
出演してくれてると嬉しいんだけど、続編では?

とにかくテレちゃんが出演してて嬉しいなってことで、シメ!
[PR]
by tyrano | 2005-04-15 09:07 | 尹子維

Yahooの尹子維板?

台湾?Yahoo!奇摩家族というところに、尹子維の記事がアップされているので、
ちょこちょこ見ています。
勿論中国語の記事なので、Excite翻訳に頼りっぱなしのあて推量ですが、
ついこの間の記事に、Aston Martin DB9 に尹子維が試乗したと書いて
ありました。
アストン マーチン
イギリス車なのよね、重厚な雰囲気のスポーツ車。
尹子維に言わせると、なかなか奥深いパワーを持ったレスポンスの高い
スポーツカー、でも、中身は高級感があるよと言った感じ(あくまで意訳だ!)

尹子維に似合う車ってなんだろう?
なんか、ガタイがいいからちんまりとした車より、ムスタングとか、
ランクルとかの方が似合いそうだよなあ。
4WDのごついのに乗ってください。(いや、お願いしてもな)
[PR]
by tyrano | 2005-04-14 08:57 | 尹子維

尹子維(テレンス・イン)出演のMTV「長信不如短訊」

尹子維がMTVに出演したそうで、ストリーミングしっかり観てきました。

ストーリー的には、仕事ですれ違う恋人同士の中を携帯がキーとなって
関係を修復し、最後にはリングを持って微笑む尹子維の姿が。。。

この間、古装片を見たばっかりだったので、現代の普通の人のかっこして
プレゼンをしたり、上司に怒鳴られて行き場のない怒りや悔しさに
駆られている尹子維の表情、ただただ、ぼえーっと見惚れてtいました。

そうだよねー、こんなにいい表情ができるんだよ、尹子維ってさあ。

真面目にプレゼンして、真摯に人に伝えようとしている演技。
恋人からの映像メールに、ほんわか微笑み、しょうがないなあ、
でも可愛いよなあみたいな演技。
プレゼンの内容を上司から、ぶん投げられてやり直しを命ぜられ
悔しさ怒り、どうしようもない自分を押さえ込もうとする演技。

でもさあ、最後にプレゼンもうまくいって、携帯で「待ちきれなくなった、
さようなら」って言った恋人追っかけて再会し、多分プロポーズしてる
ところ、いまいち逼迫感がというかもうひとつ感情の何かが足りない。
まあ、短いMTVの中、そこまで要求するのは無理だろうけど、
やっと、動いている尹子維を観れたんで、少し欲張りになってるかもしれない。

ところで、某所でも呟いたのだけれど、尹子維ってかっこよく走ったり
歩いてるシーンが記憶にないのだ。今回、走り回るシーンがあったけど
やはり、ニコちゃん(謝霆鋒)の走りのような、かっこよさはなかったなあ。
しょうがないかしら。
[PR]
by tyrano | 2005-04-11 10:49 | 尹子維

反省文

まあ、自分の尻を叩くわけじゃないけど、更新しないにも程があるだろうか?
と、疑問を解消するために、したくもない反省をしてみよう。

前回の投稿から数えて11日目となるこの投稿、それもカテゴリーなしで
完璧駄文の模様。何のために書くか、目的がはっきりしないブログは
集客できないと言う事で、惰堕漏れブログとなる事必須である。
書いてある内容も、本人偏った嗜好による偏った内容の、それも、
マイナー俳優、映画関連がメインだったりする。

まあ、それでもいいじゃないか。
書きたい事を書く場所があり、思わぬ時にコメントがついたりするので、
それも嬉しいと言えば、とっても嬉しい。

反省ではなく開き直り文としたほうがよかったのだろうか?

んー、一杯書くのがいいことでもないので、これでいいよねー。
やっぱり、開き直りか?
[PR]
by tyrano | 2005-04-11 10:33 | 色々