好きなのは尹子維!

tyrano.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:亜細亜映画( 83 )

こゆかった

夕べは、twitterで電影に関して一杯つぶやいていた方がいて、思わずKYつぶやきしてしまいました。
ちと反省中です。
でも、すごいうれしかった、たのしかった。
武侠のどきどきわくわく、しんみり、きゅっとした緊張感、思い出してました。

またぞろ、なにか見たくなってきたけど、暇があるかな?
[PR]
by tyrano | 2010-01-22 10:06 | 亜細亜映画

毎年恒例!!!ダニエル・ウーと私のお誕生日

ははは、嬉しくともなんともない私の誕生日と
とーっても、ハッピーで人生的にも昇り調子の彦祖のお誕生日

まあ、両極端ですが、それでもめでてえ!!!

お誕生日、おめでとーーーー(*^^)//。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆パチパチ
[PR]
by tyrano | 2009-09-30 09:28 | 亜細亜映画

Hiro Hayama の Blogパーツのお知らせ

Hiroさんのブログパーツを本人の承認の元作成しました。

サーバの決定がなかなか出来ず悩んでいましたが、時間がもったいないので
今動かせる状態のものをアナウンスさせていただきます。
もしかしたら、近い将来サーバが変更になるかもしれませんが、その時は
またお知らせしますね。>ごめんなさい(>_<)

作成サンプル
http://ameblo.jp/tyrano/
の左脇ちょっと下の方を見てください。

ブログへの追加希望は、管理人のみ閲覧可のコメントでメールアドレスか、
お持ちのブログアドレスを、「ブログ追加」のコメントとともに投稿してください。
追加予定のブログ名を教えていただけると出来るかどうか
追加方法等の手順を添えてお答えしたいと思います。
追加できないブログ(ブログによって違うのです)もありますので、そこらへんは
ブログの設定を恨んでください。ちなみにココログ駄目でした。AnDも・・・。

ただ、すぐお返事できるかわからないので、もし、お待たせしたらごめんなさい。
mixi会員の方は「葉山 豪」コミュニティを見てみてくださいね。
[PR]
by tyrano | 2008-12-19 20:40 | 亜細亜映画

葉山 豪さんの近況報告

ヒロさんより、近況報告がありました。
各ブログに投稿されてましたが、かなりなご苦労のようです。

やっぱりレストランのオープニング間近になって、共同経営者がとんずらするなんて(^^;;;
普通じゃあ、かんがえられないトラブルですよね。
でも、めげずにオープニングに漕ぎ着けて一生懸命稼いでらっしゃいます。
現在は立派にレストランのオーナーやってるようですね。
レストランの場所は、香港です。

小室屋 (こむろや)
Shop D , G/Fl., Jardine Centre, 50 Jardine's Bazaar, Causeway Bay, Hong Kong

和風カジュアルダイニングと言うことなので、香港で和食を食べたくなったら是非!
是非!こちらで日本人オーナーの和食を食べてくださいね。
既に行って来た方も、「おいしかったよー」と言っていたので味は安心。

みなさん、香港旅行の時はよろしくねー!
[PR]
by tyrano | 2008-10-30 10:14 | 亜細亜映画

毎年恒例!ダニエル・ウー(呉彦祖)の誕生日!!!

毎年恒例!ダニエル・ウー(呉彦祖)の誕生日!!!
は、私の誕生日!!!!!!!

って言うことで、高齢?いや恒例行事?の日です。

めでたいのかめでたくないのか?
[PR]
by tyrano | 2008-09-30 09:36 | 亜細亜映画

Alive not Dead オフ会に行けなかった私

だめだわ、自分の行動力のなさに、出不精に打ちひしがれますわ。
そのうちーとか思ってるうちにチャンスは逃げていくのね。
よりによって、夕べはヒロさんまで顔を出してくれたそうで、自分でヒロさんのとこに書き込んだのに、あーーーあ。
みなさんがどんなに楽しい一夜を過ごしたかと思うと、そこに居なかった自分が悲しいです。
と、いいながら、実は昨日も今日も一日PCに向かってお仕事だったのしょうがないのですが。
今も、ORACLEのデータを戻して再テストバグ取り真っ最中!
バグじゃねええ!と暴れだしたいのですが、きちんと報告書を付けなければならないので、丁寧迅速な仕事をモットーに頑張ります。

では!
[PR]
by tyrano | 2007-11-24 19:09 | 亜細亜映画

遅ればせ「プロジェクトBB」観劇次第 Part2

ということで、続きです。

結局、テレンス(尹子維)のパパのところに連れて行かれた赤ちゃん、検査の結果血の繋がりがないと判明しました。
ああ、これで両親のところに帰れるのねーと思ったら、テレンス(尹子維)のパパは自分の血の繋がった子孫が誰も居なくなったと言う事にショックを受け、最後の理性の糸が切れてしまいました。そして、一人で死んであの世に居るのは可哀想だと、赤ちゃんをテレンス(尹子維)の道連れに。

冷凍保存されているテレンス(尹子維)の脇に寝かされた赤ちゃんを助け出そうと、成龍とルイス兄は奮闘します。ボディガード達と乱闘中に冷凍室に閉じ込められ・・・。

まあ、最後はHappy Endです。

この映画作成中に迷達の間で噂になったテレンス(尹子維)のメイク。
そう、冷凍保存のメイクだったんですね。
悲しいのは、テレンス(尹子維)はしょっぱなだけで台詞が終わっちゃった事ですね。
もう少し、まともな喋りも聞きたかったなあ。

映画的には、小ギャグ大ギャグ取り混ぜーの、小アクション大アクション見せ見せーで楽しかったです。
さあ、作品中に成龍の出演作品名はいくつでてきたでしょーかー?
とか、色々カルトネタが作れそうでした。

一番嬉しかったのは、なんと言っても大好きな面々が出演している事。
JCグループ総出演、プラスニコちゃんまでということで、簡単な感想でした。
[PR]
by tyrano | 2007-10-16 12:30 | 亜細亜映画

遅ればせ「プロジェクトBB」観劇次第

土曜日の晩に小学校1年と5年の娘と一緒に「プロジェクトBB」やっと観ました。
で、結構前の作品なので、ネタバレ全開で書かせていただきます。
また、見所は1.成龍、2.元彪、3.Aliveメンバーと葉山豪さんを主体として書かせていただきますので、そこらへんの偏りはお許しください。

まず始まりはテレンスの元恋人がアンドリューと結婚して出産するシーンから。
のっけからアンドリュー(連凱)が出てきて、やったあ、でも出番ここで終わりじゃないよね?と少し心配になる。
次に、元恋人のテレンス(尹子維)、ストーカー的な異常執着性格を持って元恋人とその子供を奪いに来る。出産直後の元恋人と赤ん坊を引きずりまわす姿、でもね、ちょっと凄惨味が欠けててね、やっぱりコメディはこの程度?で、この時の逃走劇で、エスカレータの高い所から落ちて死んじゃいました。これで、「はっ?おしまい?」でも、製作時の情報では怪しいメイクを施したテレンス(尹子維)が居たはずと、待ての姿勢を保持。
テレンス(尹子維)が暴れた時に、赤ちゃんも落ちそうになるんですが、これを成龍が助けてここで縁がつながるんですね。

その後も、泥棒を働いていた成龍、ルイス・クー、マイケル・ホイだけど切羽詰って高額な仕事を請け負った。そう、赤ちゃんを誘拐してテレンス(尹子維)の父親役へ届ける仕事。
途中アクシデントがあって赤ちゃんをすぐ届けることが出来なくなったためルイスと成龍が赤ちゃんの世話をしなくちゃいけなくなりました。すったもんだの上、ゲイのカップルに偽装し面倒を見る二人。成龍の借金を取立てにコンロイも登場!似合うー、借金取りの役。ベスト配役。そこへ成龍の幼馴染ユン・ピョウ警官役がやってくる。時を同じにして赤ちゃんがちっとも届かない事に業を煮やしたテレンス(尹子維)パパが手下・ヒロさん(葉山豪)達を差し向け赤ちゃんをさらおうとする。
もうこの時は、誰を観たらいいのー、だって赤ちゃんが乗ったベビーカーが現金輸送車に引っかかってなんてシーンで、ヒロさんやらダニエル・ウー(呉彦祖)、ニコラス・ツェーが出演しているわ、展開は目まぐるしいわで大変でした。

ああ、私の悪い癖、ちょっと疲れたので今回はここまで。
さて、最後のクライマックスはどんなだったんでしょう?
まだ、テレンス(尹子維)の場面も出てきてないですね。
ははは、いつ書こうかな?しばしお待ちを。
[PR]
by tyrano | 2007-10-15 09:59 | 亜細亜映画

暗いところで待ち合わせ

乙一原作の小説を映画化したもの。

出演者 田中麗奈 、チェン・ボーリン 、井川遥 、宮地真緒 、佐野史郎 、波岡一喜

あらすじ
3年前の交通事故で視力を失ったミチル(田中麗奈)、父親と二人暮らしだったがその父親を突然亡くし一人暮らしとなる。一方、同僚殺しの容疑者として追われる大石(チェン・ボーリン)は、ミチルの家に忍び込み、そのまま不思議な同居生活が始まる。

原作を先に読んでいて、そのゆったりとして透明で薄い紗青がかった世界観の中で綴られる、切ない切ない気持ちに触れていたので、果たして映画化してどのくらいそれが表現できるか心配していました。
でも、その心配はどうにか杞憂に終わりました。
田中麗奈が上手。凄く上手。
目が使えない演技、さらに映画の中のシーンで、背中、足など顔が見えない状態での感情の表現が凄くいい!
チェン・ボーリンは、今回、中国人とのハーフで帰国子女として日本に来たけれど周囲と溶け込めない青年という役所。原作とは微妙に違った設定だけど、その違った所が青年が何故そんな行動をとったのかという動機付けをうまく補強してくれた。



以降ネタバレが含まれます。



小説でも、大石がミチルにいつ見つかるか?、大丈夫か?と、かなりどきどきしたけれど、今回もわかっていながらドキドキしましたね。
結局、ミチルを助けるためにその存在を気取られるようになり、で、ご飯も一緒に食べるようになる。
一回目のご飯の時、大石が席について食べてる様子がミチルにもわかっているのに、ミチルは何も言わずに食べ、大石も何も言わずに食べ終わりいつもの場所へ。ここで何か聞いたらこの空間が壊れてしまう。一人でさみしいミチル、自分の場所のない大石、二人の思いは気配だけでお互いを必要としているのがわかる。

純愛を純愛の「あ」の字も「じ」の字も出さないで、ここまで表現できるって凄いです。
これは原作が凄いってことで、そんな厚い本じゃないので映画を見る前に読むことを、見てしまった人はすぐ読むことをお薦めします。
[PR]
by tyrano | 2007-09-10 09:54 | 亜細亜映画

ジェット・リー(リーリン・チェイ)の企画チャット

alivenotdead.comで、ジェット・リーの企画チャットがあります。
来る7/15 14:00(CHINA)
Life Questions
Wushu Questions
Work Questions
Spiritual Questions
の4命題にわけてチャットが開催されるようです。
チャットに参加するにはalivenotdead.comに会員登録(無料)しないとできません。
そして何より、英語・中国語にめげない方!かしら?
私は見るだけーで、どんな話題が流れるか楽しみにしています。
関心のある方は、どうぞ見てみてくださいね。

私は、ジェット・リーの仏教観や精神論に凄く興味があります。
谷垣さんの著書で持ったイメージと、今現在ブログを読んで持っているイメ-ジが結構離れてきたので、ここで自分なりのイメージを持つチャンスかな?と思ってます。

ということで、忘れずにチェキラ!

と書いたけど、この日は法事で家にいないー(/_;)
ログだけでも読めるといいなあ・・・。(´ヘ`;)ハァ
[PR]
by tyrano | 2007-07-07 23:26 | 亜細亜映画