好きなのは尹子維!

tyrano.exblog.jp
ブログトップ

ずっと思ってた車のこと

毎日通勤と幼稚園の送迎で車を運転しています。
結構、柄の悪い私は回りに毒づきながら運転していることが多いです。
飛ばして歩くことも。
技術系の人間の習性でしょうか、道具の性能を引き出すことに一生懸命になっている事があります。
殆ど無意識でというより楽しんでやっていました。
真夜中の山道など、コーナーの進入速度と通過速度、ブレーキングのタイミングなど、ベストの位置を探して一分一秒でも早く走れると楽しかった。
でも、その頃はその自分の運転技術と若さゆえの運動能力で事故は回避できると。
今は回りにどんな人が運転しているか、歩行者として歩いているか、どんなに用心していても事故には会うんだと痛感しています。

ところでこれはただ単にマナーが悪いのか、だらしないだけなのか、私が気にしすぎるのかと、気にかかっている事があります。
それは、交差点で右折車がセンターラインに平行に車を寄せて停止していないこと。
きちんとセンターラインに沿って対向車が途切れるのを待っていれば、こちら側の直進車は横を通れるのに、通行車線の真ん中に止まっていたり挙句の果ては左側によっていたり斜めになって止まっていたり。すんごい細かいことだと思うのだけど、うざい!
あと、ショッピングモールに買い物に来ている「11」ナンバーの無意味にでかい車。
それも駐車がへたくそで何回も切り返さないと止められなかったり、片側に異様に寄ってるならまだしもはみだして二台分占有している車。
そんな車に限って、ほんと、駐車へたくそなんだ(や、偏見丸出しだね)
自分が「33」ナンバーのワイドボディのセダンを主に乗っていた時は、きっちり自分の車のサイズを叩き込んで、多少遠くてもすんなり駐車できるスペースに止まってた。前後3センチの車体間隔は自信あり左右もかなり、でも、降りられなくなるから左右は広めに、デブの悲哀。
大きい車に乗る人は、それなりの周りに対する心遣いが必要だと思う。
オレの車って大きいからしょうがないじゃーん、なんて言う男が居たら最低かっこ悪いと思う。
そんな男の車には乗りたくないね、絶対。細い道でもぎりぎりまでスムーズに大きい車体を寄せられるような、そんな男の運転希望!
だったら、ダンプの運ちゃんの車にでも乗れって言われそうだな。
でもさ、仙台・山形間に関山峠って国道があるんだけど結構道幅が狭いのね。
そこを運転していた時に前を走っていた大型自動車運搬車、すげー上手だった・
道幅が前を走る車の幅と2,30センチ位しか違わないんだけど、カーブの多い道すがらセンターラインを一回もはみ出さずに、車幅の狭い区間を走っていった。スピードだって、ちゃんと周囲と変わらないスピードでなんのストレスも感じず、「すげー、きれーに走ってる」と感心しながら後ろ走ってたよ。

こういうこと書くと、あんたはまた女なのにそんなこと考えながら走っているのか?と笑われそうだな。

ちなみに、事故ったのはギャランVR4だったのだが、この車、町乗りは完璧バッチ来いで運転できていたけど、峠は性能に引きずられて運転していた。悔しすぎる。私が峠で運転するには車幅がネック、それ以上に高性能高機能を使いこなせなかった。一度でいいから、うほー運転してやったぜと思いたかった。合掌
[PR]
by tyrano | 2006-12-16 15:20 | 自分の事