好きなのは尹子維!

tyrano.exblog.jp
ブログトップ

SPL 殺破狼

やっと、やっと観ました。

SPL 殺破狼

私的この映画の注目人物
1.サモ・ハン
2.ドニー・イェン
3.サイモン・ヤム
4.谷垣健治
の4人

しょっぱなの、サモハンの顔を見ただけでなぜかウルウル。
すごい、この映画鑑賞中、サモハンを見るたびに涙腺がゆるくなるんです。
なんでだろう、なんでだろう、とずーっと考えてました。
この映画ってアクションや宿命って感じのイメージが強かったんだけど、実は父性愛のぶつかり合い?家族愛も含むかな?でも、一番強いの父性愛。
で、一番父性を滲ませ切羽詰り背負い込み気合が入っていたのがサモハンだったんでは?
それにくらべるとドニーやサイモンが背負ってるものが軽く感じた。ほんとだったらサイモンの方が重く感じられてしかるべきなんだろうけど。
これが大御所の凄さなんだろうか?
サモ・ハンは終始厳しく凄みのある表情で劇が進んでいく。
もう、この映画はサモ・ハンの映画なんだ。と、思って観てました。

そして、私だけの裏SPL楽しみ方
1.谷垣さんのところだけスローモーション再生に
2.プロテクターの装着具合がわかるか
3.表情を読む

いやあ、面白かったスローモーション再生。
こんなところへこんな状態で飛びついて、蹴り上げてくぐって。
全然カンフーとか体術じゃなくて、スタント!
それもその劇中キャラとして出演しておいて全部やる。
どの辺にプロテクター装着して、どんな風に落ちてるのかな?って目を凝らして見てたけどよくわかんなかった。で、これはいいのか悪いのか、表情が、わからん・・・。
驚いてるのか、怒ってるのか、おびえてるのか。
ははは、ま、いいか。
[PR]
by tyrano | 2006-07-30 15:32 | 亜細亜映画