好きなのは尹子維!

tyrano.exblog.jp
ブログトップ

赤ワインとチーズ

はーい、今晩もあいかわらず晩酌を欠かせないあおい@tyranoです。
タイトルに赤ワインと書いたくせに、既に赤は終わって白になってます。
ドイツのリースリング1996です。
これは、実家(酒屋)にお正月帰った時に
「ねえ、商品で出せなくなったワインない?」と聞いたときに
「ラベルが日焼けしたのがあるよー」と言って出してきてもらったもの。
リースリングのわりに年代が経って、糖分がアルコールに化けたのかなんなのか?あまりしつこい甘みはなくすっきりさっぱり、でも、辛口じゃなくほどよく枯れてる感じ。のみやすーくなったわよん、と思っちゃいますね。

一時期、やはりワイン入門時には4,5千円のワインを買って「やっぱうまい!」とか能書き垂れてたけど、1000円台のワインでも当たりを引くとそれなりに納得して飲めるものが買えるテクニックと飲み慣れ(こっちの方が大きいかな?)を取得したので今は一本の予算は2000円まで行きません。

この頃家飲み会とかに酒持参だと、何がいいか?と悩むところなんですが、一番当たりはずれがないのが白の泡かもしれませんね。タカムラ ワインハウスというところから主に買っているんですが、お勧めの中から安くて良さげなのをピックアップして一ヶ月に4、5本買ってます。
ここでお勧めの白の泡モンムソー・キュベ・JMは、くせもなくさっぱりとしてお料理の添え物にちょうどいいお味のようです。今回買ってみたけどどうでしょう?私はモクヨンセットに入っていた、それこそ名もないノンビンテージの白泡だったのですが、飲みやすかったです。

赤ワインは、基本的にオールドビンテージの枯れ感が好きだけど、古いからおいしいって訳じゃないのもこの頃やっとわかってきたところ。でも、古いのがスキー!!!五代シャトーとか飲んだ事ないんだけど、セカンドもないんだけど、まあ、シャトー元詰めの丁寧な品物でオールドビンテージならOKよっていう感じ。やっぱりブルゴーニュよりボルドーです。イタリアも華やかですきなんだ。ニュービンテージだったら、イタリアのキャンティあたりが好きです。辛口白はオーストラリアのクラウディベイあたりもいいんだけど、やっぱりこの頃は体が赤を求めてる。

あんまりワインの薀蓄なんか旦那ほど勉強してないからわかんないんだけど、でも、おいしいのはやっぱりおいしいのだ。で、ワインは星の数ほど種類があるので、毎回、これはどんな味なんだろうとワクワクしながらコルクを開けて、また、抜栓直後の味と常温で一日おいた後の味を比べるのも楽しいのである。昨日空けた1989年のボルドーなんて直後は、「わああ、ビンテージにわりに新しいよね、ぎらぎらじゃん」と言ってたんだけど、今日さっき飲んだら「ううう、俺は古いぜって無駄に主張してる」と真逆な状態になってるんだ、びっくり。

まあ、ワイン一つ飲むにも楽しめる自分が怖いんだな(今は酔っ払ってるから余計変だし)
中途半端な薀蓄言ってもしょうがないので、ここは女の特権で、これはおいしいから好き!と率直な感覚だけでワインの好き嫌いを言ってると思ってください。
[PR]
by tyrano | 2006-01-31 00:45 | 色々