好きなのは尹子維!

tyrano.exblog.jp
ブログトップ

「燃えよ!!スタントマン」 谷垣健治著

ずーっと興味があって、手に入ればなあと思っていたのだけど、
ここんとこの仕事のストレスから、ネット古本屋を検索して
とうとう手に入れました。
「燃えよ!!スタントマン」谷垣健治 著

これは、日本人である谷垣健治氏が単身香港映画に武師となるべく乗り込み、
その経験値を上げていく上でのお話し。
中国語もよくわからないのに、とにかく香港でスタントマンになろうと
悪戦苦闘の繰り返しをし、その努力の甲斐あってサモハン(洪金寶)の
仕事が出来たり、ジャッキー(成龍)の仕事が出来たりと、一流の面々と
仕事をしていくことになる。
本人はすごい軽い口調で書いているけど、そういう仕事が来るまでには
こんなことまでやらなきゃいけないのか?という事もあったと思うし、
マイナスの部分もあったと思う。でも、そんなことには全然構わないで
前進しているからこそ、きっとそういうチャンスにめぐり合えたんだろ
うな。

そして、もっと凄いことには、この本を出版してから既に9年の歳月が流れ
もう押しも押されぬアクション監督の地位を築こうとしているのである。
ドニー(甄子丹)と厚い信頼関係を結びアクション監督の先達としての
ドニーの相棒的な役割を果たしているうちに、そういう道に進んでるよ
うです。あくまで私の見方ですが。

リンクを張ったオフィシャルサイトの業務履歴をご覧になっていただくと
分かるけど、もう、香港だけではなくドイツやアメリカ、勿論日本でも
参加している映画があるほどで、完璧国際人なのである。

私の大好きな香港アクション映画にこんなに貢献しているのに、その
人そのものについてこんなに知らなかったなんて、すごくすごく吃驚
していて、でも、この本を読むことによってその存在や功績を知りえ
たことがとても嬉しくてしょうがありません。
大好きなサモハン、ジャッキー、ユンピョウ、ジェット・リー、ドニー
こんな素晴らしいアクションスターを影から支えている谷垣氏、これ
からもその仕事に注目していきたいと思っています。
[PR]
by tyrano | 2005-07-26 19:54 | 亜細亜映画