好きなのは尹子維!

tyrano.exblog.jp
ブログトップ

華の愛 遊園驚夢

華の愛 遊園驚夢 2001年

主演 王祖賢(ジョイ・ウォン) 宮沢りえ

あ、最初レズビアンの話かと単純に思っていました。
で、ものはそんな恋愛物ではなかった。ちとがっかり。
のっけから耽美でデカダン、美しく無表情で非生産的、
そんな場面から始まっていきました。
こういう雰囲気に弱い私。話の序盤はそんな感じで
過ぎてゆく。ま、こんなもんでしょ。
で、途中から貴族の優雅さは儚くも消えて行き、貴族文化の
残した仇花を愛し慈しんだものの葛藤が描かれる。

だけどさー、だけどさー、これジョイ・ウォンの引退作品ですが、
やっぱり、さすがに歳が感じられる。頬のたるみ、法令線、
ちょっとおなか出てる?あーん、あーん(:_;)
特に途中から呉彦祖(ダニエル・ウー)との絡みがあるので、
歳の差が、若々しくはちきれんばかりの美しい彦祖の肉体との
ギャップで、思わず気になって気になって。
二十歳頃の若かりし映像を、何度も何度も観て酔いしれていた
私にはこの加齢が味わいと感じられなかったのがとても悲しい。
厚みを感じない(下手じゃないんだけど)演技だったと言えば、
それまでだったのかな?

対する宮沢りえちゃん。
あ、やっぱりこの人の顔って良くも悪しくも能面顔なんだ。納得。
表情のない表情の豊かさ。人間味がないが故の情の強さ。
今回は、とにかく綺麗なだけの顔に人間味を載せる事が殆ど
なかったような気がする。面の皮の1cm下は無表情(当たり前か)

阿片で自家中毒を起こしていた頃の中国を、どう書こうとしたんだろう?
貴族の衰退だけを書きたかったんだろうか?
本質的に何を愛していたのかが私にはわからなかった。
(ジョイ・ウォンに気を取られすぎ)

ここで、この作品を見てラッキーって思った事
彦祖くんの濡れ場が観れた事でーす。
GENX COP系の俳優が総じて好みなので嬉しい。
男意外とキスしてるの始めて見たかも、ははは。
[PR]
by tyrano | 2005-05-06 23:22 | 亜細亜映画