好きなのは尹子維!

tyrano.exblog.jp
ブログトップ

妄想、瞑想、激走する尹子維像

是全世界的尹孩子維愛好者的姐姐,哥哥,年輕人者的tyrano。請多關照請求。
と、excite翻訳の力を借りたところで、随分と頭の中で妄想逞しくしている尹子維像に
ついて、勝手に語りたいと思います。

彼の性格について
誕生日が5月19日(やべ!、バースデイカード送らなくちゃ)、牡牛座
こっからは私の妄想瞑想激走
聞き上手で、親しい友人からの相談を親身になって聞き上手なアドバイスを
するけど、自分の事となると分かっていても「石橋叩いて割る」性分なので
なかなか動けない。いざ動いたら「ごめん、俺はもう自分を抑えられない」と
耳元で囁くが、行動は至って紳士的。少し目を細めはにかむ様に微笑みな
がら「うん、そうだね」と、じっとこちらの目を見つめつつ相槌を打つ。
優しさが相手に染みとおるような、いつでも相手を労わる事が行動原理に。

瞑想する私のたとえばこんなシュチェーション
オープンカフェにて
眩しい太陽の日差しから逃れるために、パラソルの陰に座っている尹子維。
私「ごめんね、待ったかな?」
尹「ん、大丈夫。座ったら?」
眩しいのか目を細め少し顎を上げ気味にこちらを見ている。
私「あ、アイスコーヒー飲んでるのね。私も」
すっと、周りを見回し軽くを肘を曲げたまま手を挙げ、ウェイトレスと目線を
合わせふっと微笑み目でオーダーを促す尹子維。
尹「アイスひとつ」
そう言った後、顔の前で骨ばった大き目の手を組み、口の端を少しだけ
 上げて、だまってこっち見つめる尹子維。
 私は小首をかしげ、どしたの?と目で問いかける。
尹「なんでも。」
 言葉少なに答え、アイスコーヒーをグラスから直接飲む。

私の一番の壷が「ふっとはにかんだ様に微笑む尹子維」なので、こういう
シュチエーションが好み。というか、お互いに見詰め合ってれば幸せ。
なーんていう関係がいいよねえ。

ぜーったい、恥ずかしい内容だよなあ、これ。
でも、この頃尹子維関係の書き込みが希薄、かつ、純朴な文学青年的
尹子維画像を見たもので、脳みそバーン(かんぺいちゃんネタ?)

とりあえず、これは私個人の勝手な妄想です。
ですので、苦情は受け付けません。
以外の、自分は「こんな尹子維がすきー」というコメントや、私のボケへの
突っ込みその他なんやかんやは大歓迎です。

ああ、どうせ恥ずかしかったら後で修正できるしね、開き直ります。
[PR]
by tyrano | 2005-05-06 10:37 | 尹子維